【母ちゃんの味】大根と鶏肉のほっこり煮

【母ちゃんの味】大根と鶏肉のほっこり煮

こんばちは〜!

今日は一人暮らしの味方、「鶏のむね肉」を主役にしたなんとも優しいほっこりとしたレシピを考えてみました!料理が苦手な人でも失敗しないように、具材はシンプルに大根と鶏肉のみで作りましたが、人参やごぼうなどの根菜を追加して「けんちん汁」っぽくするのもGoodです!

おかずとして食べても良し、ご飯にぶっかけて雑炊風にしてもとても美味しいおすすめの一品ですよ!

米のとぎ汁は入れたほうが良いの?

大根を茹でるときに米のとぎ汁を使う理由は、様々あるようです。

  • 食感が柔らかくなる
  • 透明感が出る
  • 味がしみこみやすくなる
  • 苦味、臭みなどの元になる「アク」が抜ける

まあ、意味があることはわかるが

「そんなに都合よく米のとぎ汁なんてねぇよ!」

はい。たしかにそうですね。

ということで、できることなら手を抜きたいポン太は本当に米の研ぎ汁って本当に必要なのかどうか検証してみました

検証方法は、調理方法と大きさを一定にして同じ条件を作り「米のとぎ汁アリ」「米のとぎ汁ナシ」 の条件で大根を煮て比較しました。味付けはシンプルに顆粒だしの素です。

米のとぎ汁アリ← →米のとぎ汁ナシ

食べ比べてみると、、、

確かに口当たりは「違うな」と思いました。食感というよりも、口から鼻にぬける香りが丸くなったように感じました。しかし、味付けを濃くしてみるとすぐにわからなくなりました。

見た目的にも若干白っぽく仕上がっており、たしかに「透明感」を感じます。ただ、今回のレシピはしょうゆを使い大根に色がつくので、あまり透明である意味はないかな・・・と思います。

おでんやぶり大根のように、大きく切って使う場合や、薄めの味付けをする場合には違いが出るのかもしれませんね。

結論、今回の味付けには米の研ぎ汁は不要です。

料理概要

  • 調理時間・・・・・・15分
  • 一人分の材料費・・・182円
  • 工程・・・・・・・・5工程
  • 難易度・・・・・・・★★☆☆☆

材料

食材

材料名分量価格備考
大根 1/3本50円必須
鶏むね肉1個290円必須
長ネギ 1/4本25円 無くてもOK

調味料

材料名分量備考
酒★大さじ2杯
醤油★大さじ2杯
みりん★大さじ2杯
だしの素(顆粒)★小さじ2杯
水★1カップ

作り方(2人前)

工程①:大根を5cmくらいの厚みでいちょう切りにします

工程②:容器に大根がひたる程度の水を入れてラップをかるくかぶせて電子レンジ(600W)で7分ほど温める。7分加熱したら、予熱を入れるために大根を5分間放置する

(この工程の間に工程③へ進んでください)

複数種の具材を一度に鍋で煮ると、それぞれを入れるタイミングで失敗することが多いので、大根は先にレンジで調理することで成功率を上げています。

電子レンジから取り出すときは熱いので気をつけてください!

工程③: フォークを使って、鶏胸肉に10箇所〜20箇所ほど穴を空けて身を柔らかくし、一口サイズに小さく切る

工程④: ★をすべて混ぜ、工程③で切った鶏肉を投入して中火にかける

工程⑤: 鶏肉に火が通ったら大根を入れて2分ほど温めれば完成

完成

さいごにねぎをスライスしてトッピングするとGoodです

最後に

いかがでしょうか?なんだか優しくてほっこりとした気持ちになる煮物のレシピでした!鶏肉は糖質が少なくてダイエットにもよいですし、値段も安いので一人暮らしの女性におすすめの一品です。

ポイント

・大根を煮るために米のとぎ汁は不要!
・レンジで簡単安心調理!
・安くてほっこり優しい味!

煮物って火が通っていなかったり、失敗しがちな料理なのですが2種類の具材を別々に調理することで失敗しないように工夫されています。初心者にもおすすめの料理なので、是非ご家庭でも試してみてくださいね!

それでは、ポン太でした〜♪

レシピカテゴリの最新記事